Green fields ごあんな〜い

ありのままさらけ出してます
暇つぶし程度に空いた時間に見てくれるといいね
電車の中〜授業中〜寝る前〜
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 金が消えたり増えたりね | main | またこういう書き方するから叩かれちゃうんだっての >>

クラナドより正直バサラがよかったけど相手に少し萎えた

>おかるトン
考えた行動も一応しようね^^

今日は幼馴染と池袋
目的はクラナドなわけだ

時間は早くもないんを選んだんだけど
チケット買う人の長蛇の列

チケは買うも時間が始まってたので次の時間のヤツ
を選んでゲーセンで暇つぶすことにした

ギーゴ行った
そしたらバサラのロケテやってた
1人やっていたけど
ロケテだから遠慮なく乱入

最初は幸村使った

使いたいキャラが3人いたから全部使ったな

まあロケテの段階だが評価
新しいゲームだからバランス悪いのとかは許す範囲で

援軍システム
攻撃食らっているのに相手の攻撃を中断させることの
できる援軍カウンター
バースト並に機能するから無理やり止めることができる
正直強い
あと援軍攻撃で連携を組むことができるようなので
コンボのバリエーションが高まる

しかし攻撃がかち合うと相殺?がおこり弱と強ぶつかると
明らかに弱のほうが有利だった相殺が起こりやすく
1Rで軽く4回くらい出たときがあった
今回対戦したら暴ればっかの人がいて
2弱で暴れられるところはメルブラに似てる気がした
潰せなかったのは初めて+秀吉だったため潰し方わからないままやられた

バサラ技
北斗と同じ一撃技
ダウン追い討ちにも入る
北斗と同じパターンだよこれ

俺が使ったのは3人なんで3人の評価

真田幸村
初期メルブラの志貴なみの強さ
お手軽簡単で強い
まず連携が楽
リーチが長く
竜巻コマンド技烈火が
先端でもつながりかつ終わったあとの隙が少なく
とりあえず出しとけみたいになってる
中段と下段技があり昇竜もあるため基本となるキャラのようだ
強さはこの段階では上くさい

豊臣秀吉
重量級
波動コマンド中ボタンがコマ投げというよくわからん投げキャラ打撃技ももってるため投げキャラなのかイマイチ不明
超必が相手を地面にめり込ませるという荒業もある
しかしでかいキャラで立ち強が
正宗のしゃがみに当たらないという緊急事態があった
おかげで隙でまくって困った
開発が必要なキャラである

上杉謙信
とてもトリッキーな感じがした
設置やカウンター技そして連携技など
豊富なキャラのようだ
若干リーチが乏しい気がしないでもない
コマンドリストに書いてある超必がカウンターでかなり困った
だが面白いキャラだと思う

今の段階ではアルカナみたいに初期はやるけど
だんだん理不尽に切れてやめそうな雰囲気だな
残りのキャラに大きく期待して
調整を待ってみますかね

クラナドのほうは
途中寝てたw
なぎさ「シナリオは私の中にあるんです」

ZZZZZZZZ

おきたら
朋や「渚・・・好きだ」

(━_━)

やっちまっただーーーーーー
重要なところが抜けてショック

映画としてはいい構成だと思う
でもクラナド知らないと
全然わかんねー部分が
智代といつのまに友達になってたの?
とか色々ぶっ飛ばしてた

地元に戻って少し遊んで
家帰ってぐーたらまた寝て一日ぐだぐだした

今さっきまでらきすた見てたけど
最後の回にOPの踊りの全部バージョンを出すあたり
うまいなーと思った
なるほどここで出してまた視聴者の
気をひこうと・・・・うまいな

埼玉スレにも書いてあったけど
土曜日マグマの大会

2on2
エントリー2時で
くじが多分2時30分
開始が3時だと

今回は誰か書いたようだからコテ版とかにも
書くつもり無し
すぐ書いたあたり大体特定できてる気がしないでもないなー
荒らしの人ではないことを願う

あとアクエリオンCR化か・・・・やるしかないなと思うw

書きたいことは大体書いた
メルブラ関係 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

うぃ〜っすww
おかると | 2007/09/17 8:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazonomegane.jugem.jp/trackback/394
この記事に対するトラックバック